白黒オーバーレイを使った透明感表現

今回は白黒(無彩色)の「オーバーレイ」の使い方を紹介します。

よく使う「オーバーレイ」の使い方として、色をフィルムのように重ねて色の深みを出す方法がありますが、「オーバーレイ」は白黒で使ったときに透明感のある表現ができるのでオススメです!

※感覚的にわかりやすくまとめたかったため、あまり細かい計算式までは書いていません。

白黒オーバーレイでこんな表現ができる!

 

 
ほのかぜ
他の描画モードも用いていますが、白黒オーバーレイを多用してこれらの画像を描いています。
 

白黒オーバーレイの効果

  • 白く塗ったところを明るくする
  • 黒く塗ったところを暗くする
  • 灰色(R128,G128,B128)が起点となり、灰色に塗ったところには効果が出ない

 

この効果は「PhotoShop」でも「ClipStudioPaint」でも一緒です。

文字で書くと似たような効果になるものとして、「スクリーン」「乗算」がありますが、次に示す画像のように「オーバーレイ」の白黒は「スクリーン」「乗算」とは明らかに違う結果が得られます。

「オーバーレイ」の白と「スクリーン」の白の違いが分かりづらいかもしれませんが、クリックして拡大してみると、下の画のでこぼこが「オーバーレイ」の方が透けて見えるのがわかると思います。

比較してみると、「乗算」の黒は暗くするのではなく、黒くするのであって、「オーバーレイ」の結果とは明らかに異なっています。同様に「スクリーン」の白は明るくするのではなく、白くする(淡くする)という印象を受けるのではないでしょうか。

また、よく見ると白黒で使用した場合、「乗算」の黒、「スクリーン」の白はそれぞれ通常で描いた場合と差がないのがわかると思います。色が入っていると計算結果に差が出るのですが、白黒の場合、計算結果が通常と同じになるため、見た目も差が出ません。

対して、「オーバーレイ」は透きとおったまま、白い部分が明るく、黒い部分が暗くなっているのがわかると思います。

 

 
ほのかぜ
透きとおったまま色を変えることができる特性を使うと、透明感のある表現が可能なので気に入っています。
 

練習①:白黒オーバーレイでヒビを描く

簡単な写真レタッチをするのが描画モードを学ぶのにとても適しているので、以下の画像を作る練習をしてみたいと思います。

すぐ終わるので一回やってみると白黒オーバーレイの感覚がつかめると思います。イラストだけでなく、写真加工や3DCG用のテクスチャ作成の際にも有用な手法です。

 

ヒビを入れたい箇所に通常モードで黒く線を引く

エアブラシなどのぼけたブラシではなく、Gペンなどの固いブラシでかなり細くして描きます。上記の画像はブラシサイズを1pixで描いています。

 

 
ほのかぜ
ここはあまり完璧を求めすぎず、だいたいで大丈夫です!後述のレイヤーマスクで細かく調整できます!
 
 

ヒビ周りの下を向いているエッジを「オーバーレイ」で黒く塗る

この写真の場合、特別な照明を当てている画像ではないので、光の方向は上からと仮定して塗ってしまって問題ないです。なので、まずは影になるはずの下を向いているエッジ部分に黒を入れていきます。

通常モードで黒く塗る

新しくレイヤーを追加し、最初に描いたヒビを一回り太くするくらいのイメージで黒を塗ります。

 

 
ほのかぜ
ここは大げさにはみ出しちゃうくらいに描いちゃいましょう!
 
 

「オーバーレイ」にして不透明度を下げる

描画モードを「オーバーレイ」にして、不透明度を25%に変更します。

 

 
ほのかぜ
どうでしょう?「オーバーレイ」にしただけで真っ黒だったのが少し透過された感じになったのが感じられるのではないでしょうか。不透明度を下げるとさらに馴染んだ感じがすると思います。
 

レイヤーマスクを追加して、黒い部分の形状を整える

レイヤーマスクを適用すると、レイヤーマスク上の黒い部分を透過し、白い部分のみを画として残すことができます。普通にレイヤーで画を消してしまうと、消した画は復元できませんが、レイヤーマスクで行った場合、実際のレイヤーの画は消えていないので、マスク上で黒く塗った部分を白く塗りなおすと、画を復元することができるのです。そのため、描画モードで合成効果を調整する場合、レイヤーマスクで描いたり消したりしながらちょうどいいところを探るとやりやすいです。

 

 
ほのかぜ
「PhotoShop」だとマスクを黒で塗るor白で塗る、「ClipStudioPaint」だとマスクを消しゴムで消すor色で塗るという形で若干の操作の違いがありますが、効果は同じです。
 

ヒビ周りの上を向いているエッジを「オーバーレイ」で白く塗る

光が上から当たっているならば、上を向いているエッジにはハイライトが入るので、それを「オーバーレイ」で表現していきます。入れる場所と色が異なるだけで、手順は影と全く同じなので、説明は割愛し、画像にまとめます。

既にそれなりに陰影がわかる形になっていると思うので、影の時とは違い、全体を塗りつぶすのではなく、ある程度白を入れるエッジを絞ってしまった方が早いと思います。

 

 
ほのかぜ
ベースができたので、あと少し細かい調整をしていきます!
 
 

不透明度や形状を細かく調整して下の画になじませる

実際に0から書いていくときは各レイヤーを行き来しながら調整を繰り返していきます。今回はシンプルにしていますが、それでも最初に描いたヒビが強すぎて馴染んでいないのが気になるので、少しだけ調整していきます。

最初に描いた通常黒のヒビもレイヤーマスク、不透明度調整をする

 

 
ほのかぜ
通常黒で描いたヒビを調整して違和感がでたら、ハイライトの白、影の黒も併せて調整しちゃいましょう!
 

完成

アップで見るならもっと丁寧にやらないとダメですが、引いて見るとこれくらいの描き方で十分ヒビに見えるかと思います。

 

 
ほのかぜ
「オーバーレイ」の感覚はつかめたでしょうか?イラストの影にしたい部分に黒、明るくしたい部分に白を「オーバーレイ」を重ねていくと、下絵を生かして明暗をつけることができます。
 

練習②:白黒オーバーレイで水が流れた跡を描く

ヒビが終わったらもう少し広範囲に対して「オーバーレイ」を適用したらどうなるか練習してみましょう。こちらも簡単ですぐ終わります。以下のようにコンクリートの壁に水が流れた跡をつけてみましょう。
 

上端に太めの黒い線を引く

「オーバーレイ」にして不透明度を下げる

指先ツールで下に引き延ばす

指先ツールで水が流れた方向に引っ張っていきます。全体を一様には引っ張りすぎず、適度にランダムになるように引っ張ります。

 

 
ほのかぜ
なんとなくできたような気がしますがのっぺりしすぎているのでもう少し調整します。
 

何枚か「オーバーレイ」を重ねて層を作る

「オーバーレイ」のレイヤー1枚だと不透明度を100%にしても、真っ白、真っ黒まではいかないため、効果を強めたい場合は、レイヤーをどんどん重ねましょう。形状そのままでよければ複製するだけでも大丈夫ですが、少し形状を変えたものを重ねるとよりそれっぽくなります(外側が薄く、内側がより濃くなるようにする、など)

 

 
ほのかぜ
オーバーレイは1枚で決めようとせず、不透明度薄めで何層も重ねていく方が自然になじみ、透明感のある感じに仕上がります。
 
 

完成

 

 
ほのかぜ
水の流れた跡の練習をしてみると「乗算」との違いがとてもよくわかるのではないかと思います。

 

作例とまとめ

練習では細かい部分までは詰めていませんが、もっと詰めていくと以下のような画を作れます。

これは過去に練習した時のもので、コンクリートの壁を激しく経年劣化させてみました。大きく割れた部分とパイプは写真合成していますが、ラインやヒビ、雨だれ、汚れなどは今回の「オーバーレイ」をメインにいくつかの描画モードを用いて描いています。

 

 
ほのかぜ
何かテーマを決めて写真合成やレタッチをしてみると、描画モードを理解しやすいのでオススメです!
 

イラストに生かした例

白黒の「オーバーレイ」をベースに、「乗算」「スクリーン」「加算(発光)」などを重ねていくと上記のようなイラストを描くことができます。

左側のイラストの塗り方は別途記事をまとめてありますので、よろしければ合わせてご確認ください。(右側の光るちょうちょもいずれまとめます…!)

 

関連記事

今回の記事は玖珂つかささんの線画をお借りして塗り絵をした際の工程をまとめてみました。 色の混ざった塗りをしてみたい方、重ね塗りや厚塗りに興味ある方の参考になると嬉しいです。 まだやったことない方向けなので、すでに慣れている方にとっては知[…]

 

まとめ

  • 「オーバーレイ」は白い部分を明るく、黒い部分を暗くする
  • 「乗算」「スクリーン」と違い、下の画を透かした状態を保つ
  • 1枚で決めるより、不透明度の薄いレイヤーを何層も重ねるとより馴染む

 

 
ほのかぜ
いかがでしたでしょうか?白黒の「オーバーレイ」を使った表現は本当に便利で楽しいので、ぜひ使ってみてほしいです!